ソフトウエアはIT分野ではプログラムとほぼ同義の言葉です

ソフトウエアは、IT分野ではコンピュータプログラムとほぼ同義の言葉で、コンピュータを動かすための手順をコンピュータが理解可能な形式で記述したものを指します。
この言葉は、「SW」「S/W」といった略号で表されることもあるそうです。
また、ソフトウェアはハードウェアの対義語としての意味でも使われます。
ここでは、ハードウェアをコンピュータを構成する電子回路や周辺機器などの物理的実体を指すのに対し、ソフトウェアは形を持たない手順や命令などを指します。
さらに、ソフトウェアはその役割によって基本ソフトウェア(オペレーティングシステム)とアプリケーションソフトの2つに分けられます。
基本ソフトウェアは文字通り、コンピュータを動かすのに欠かせないソフトウェアで、パソコンに入っているWindowsやMac OS、UNIXなどがこれにあたります。
一方、アプリケーションソフトは表計算ソフトやワープロソフトなどを指します。